台湾人女性の恋愛観や結婚について

男性は尽くすのが当たり前?台湾人女性の恋愛観や結婚について

台湾人女性に興味がある方々は、彼女達の恋愛観・結婚観も気になりますよね。日本と台湾は距離はとても近いのですが、その恋愛観はどうやら少々異なる模様です。

 

ここでは、一般的な台湾人女性たちの恋愛と結婚についてまとめてみました。彼女達にアプローチする前に、ここで予習をしておきましょう。

男性は女性に尽くすもの

台湾に限らず、中華文化圏では女性が強く、男性が家庭的で女性のために色々と尽くすとうスタイルが一般的です。デートに行くなら、男性は家まで迎えに行き、最後は家まで送り届けてデート終了というのが普通ですし、女性に対してラブレターを書いたりします。

 

台湾人女性はそれに慣れていますから、色々と主張もしますし、男性が自分の為に何でもしてくれて当たり前とまで思っているかもしれません。エスコートもされて当たり前です。男性は女性の為に料理までします。勿論、働いてくるのも男性です。女性はお姫様扱いされて当然なのです。大分日本とはかけ離れた様相ですね。

彼氏のことを詮索したがる

台湾人女性は、一旦男性とつきあうと、その男性について色々なことを知りたがります。過去に付き合っていた女性のことさえ、ストレートに訊いてしまいます。

 

日本のように、我慢して訊かないなんてことは有り得ません。訊きたいならとことん訊きだしますし、言わないと怒ってしまうかもしれません。連絡もこまめで、いつも何をしているか訊いたりします。例え一緒に住んでいても、離れている時は、常に連絡を取りたがります。

貞操観念は強い

台湾人女性は日本人女性に比べて、とても貞操観念が強く、すぐには体を許したりしません。浮気をすることもあまりないようです。

 

勿論そういう女性がいないわけではありませんが、日本よりも遊んでいる女性は少ない傾向にあります。

結婚相手候補の男性への理想はとても高い

台湾人女性の理想はとても高いようです。男性には、高い経済力や学歴を求めます。大卒でない男性なんてもってのほか!という位に思っているかもしれません。台湾では大学に行くことは当たり前で、大学院を出ないと給料の良い仕事に就くのも難しいとか。

 

ですから、結婚相手には大学院まで卒業しているような男性を望みます。経済力は本当に大事な要素の1つなようで、経済力がない男性は結婚が難しいくらいです。

 

それに加えて、家事ができない男性も結婚相手の候補にはならないようです。台湾では外食が安いので、毎日外食なことも珍しくありませんが、男性は女性の為に料理をしたりします。台湾人女性との結婚を考えるなら、料理もマスターしておかないといけません。