アメリカ人男性の特徴

外見だけで判断は難しい?アメリカ人男性の特徴

アメリカ人男性といっても、アメリカには色んな人種が集まっていますから、外見の特徴を挙げるのはなかなか難しいことです。

 

ですが、その中でもアメリカ人を特定しやすいような、見た目でわかる特徴をまとめてみました。全ての人がこれにあてはまるわけではないですから、ご参考までにされてください。

アメリカ人男性の見た目の特徴

表情やジェスチャーがオーバーリアクション

日本人には無い特徴です。欧米文化圏では、どこも日本よりは表情やジェスチャーの変化が大きいのですが、その中でもアメリカはオーバーリアクションな国です。

 

表情も顔全体を使って作りますし、ジェスチャーもなかなかダイナミックでしょう。喋るときも口元が結構動いています。同じ英語を話す国でも、イギリス人とは喋り方がかなり違います。

太っている方が多い

アメリカが肥満体国なことはかなり有名ですね。太っている方はとても多いです。日本で言うぽっちゃり体型でさえ、痩せていると表現される事も多いくらいです。日本で長く過ごすと痩せていく方も多いですが、アメリカに戻ると元に戻ってしまいます。

 

ウェイトトレーニングをしている方なんかは、筋肉が発達して逞しい体型の方も多いでしょう。でも、おなかだけは出ていたり・・・ということも有り得ます。どちらにしても、凄く痩せている人は少ないです。

堂々としている

歩き方や立ち方はスッとしている方が多いでしょう。日本人に多い猫背が、アメリカでは少ないからかもしれません。その所為か、どこか堂々として、存在感を感じる方が多いのではないでしょうか。

TシャツにGパンの人が多い

アメリカ人男性のファッションを見ると、一般の方々はTシャツにGパンという簡単な服装の方が非常に多いです。Tシャツが色つきだったり、ロゴつきだったり、イラスト入りだったり、ダメージデニムを履いていたりといったバリュエーションはありますが、普段着がTシャツにGパンではない方の方が珍しいくらいかもしれません。

 

それでも絵になっているのが日本人とは違うところでしょうか。別に白人や黒人でなくても、日本人と顔が近いはずのアジア系であっても、割とそのファッションをおしゃれに着こなしていたりしますが、理由はよくわかりません。溢れる自信がそう見えるようにさせるのでしょうか。

色々な人種が混ざっている

特にアメリカ建国時くらいから家族でアメリカにいるような方々は、色々な人種が混ざっています。黒人なのに顔が白人っぽいだとか、肌の色は褐色だけど顔はアジアっぽいだとか、そういう方が沢山います。

 

その為、外見だけではアメリカ人と特定するのは非常に難しいのです。