東京で外国人の友達が喜ぶ飲食店

東京で外国人の友達が喜ぶ飲食店

外国人の方が日本を訪れる際、一番楽しみにしていることの1つが食べ物かもしれません。日本食は、世界的に人気がある料理の1つ。日本で本格的な和食を食べたいという方も多いはずです。

 

ですが、ここではそういう定番のお寿司だとか天ぷらだとか、麺類から離れて、東京にあるちょっと変わった日本を体験できるような飲食店を集めてみました。

 

こういった飲食店はなかなか海外にはありませんし、もしあったとしても日本が発祥地ですから、興味がある方なら、楽しんでくれるでしょう。

 

NINJA AKASAKA(千代田区)

名前の通り、忍者をテーマにしたダイニングバーです。外国人の方を連れて行ったら喜んで貰えること間違いなしのお店の1つ。

 

メニューにはしっかりと外国人の好きそうなロール寿司など、モダンなお寿司や、刺身から、ステーキなどもあります。メニューの名前も、忍者をモチーフにしたものが多いので、それを説明したりしても楽しいでしょう。

 

釣船茶屋ざうお(新宿区、品川区など)

東京だけではなく、全国の都市を中心に店舗があります。ここの何がユニークかというと、店内で魚を釣ってその魚を食べられるということでしょうか。

 

生きている魚を釣って食べる・・・という行為が苦手な外国人もいるので、事前にリサーチをしておく必要はありますが、こんな体験が出来るのは日本くらいではないでしょうか。自分で釣った魚を食べる時には、お値段がちょっと安くなるようです。

 

ロボットレストラン(新宿区)

ウェブサイトがあるので是非見ていただきたいお店です。ウェブサイトからして、大分変わっています。レストランとは言え、ショーがメインで食べられるのはお弁当だけだそうで、値段も7000円と少々お高め。ですが、このショーが凄いと話題になっています。

 

ロボットが好きな方にもおすすめ。ダンサーの方がいらっしゃいますが、いかがわしいお店ではありません。

 

監獄レストラン ザ・ロックアップ(渋谷区、台東区など)

日本全国に店舗がありますが、渋谷店は海外のテレビ番組でも紹介されたことがあり、外国人観光客でもご存知の方が多いようです。お店に入ったお客さんは囚人で、監獄に入れられる・・・というコンセプトのようです。

 

メニュー名もなかなか凝っていますが、料理自体は普通の物が多いですから、安心して楽しめますね。わいわいおばけ屋敷を楽しみたい方にもおすすめ。(そんなに怖くはないです。)

 

アルカトラズE.R(渋谷区)

こちらのコンセプトは刑務所病院。ロックアップに似ているような気がしますが、ここのエグさはロックアップの比ではなく、ジョークが相当解る外国人でないと連れて行かない方がいいレベルです。

 

こんなの日本にしかないよ!という意味では、他に引けを取らない感じですが、行く前には必ず公式ウェブサイトをチェックして、一緒に行く外国人の方が好むようなお店かどうか確認しておきましょう。

 

フードメニューには英語の料理名も記載されていますが、英語の料理名の方が若干マイルドです。

 

まとめ

比較的どなたにでもおすすめできるお店から、人を選ぶお店まで5店舗紹介してみました。特に、NINJA AKASAKAやざうおなんかは、どなたにでも喜んで貰えるのではないでしょうか。